結婚活動(婚活)を通じて結婚そのものについて理想や想いなどを再認識する方も多いかと思います。

結婚活動(婚活)をしていて結婚というものについて理想や想いなどを改めて認識する方もいるでしょう。

  • 婚活をキッカケに結婚そのものについて理想や想いなどを改めて認識する方も多いのではないでしょうか。また、結婚できるかどうかのカギとして結婚に対して情熱がどれだけあるのか?と結婚相談所のスタッフに訊かれることがあるでしょう。そのような場合、男女どちらも、その時点での想いとして、「幸せな家庭を築いていきたい」とか、「死ぬまで大切にしてくれる相手と長い人生を一緒に歩いていきたい」などと、答えるかもしれません。結婚を長い目で見れば一生、共に生活していくのにどれぐらい適しているか、「空気のような存在になれるかどうか」とも言われます。ですが、現実はそうではないようです。現実を見るとめでたく結婚できたのに結婚生活への不満を感じる、その理由を尋ねてみたら、「パートナーに対して興味がなくなった」といった理由が大多数を占めるためです。
  • 婚活でするパーティーでは、自分が選ぶ権利がありますが・・

  • 婚活パーティーの場では、自分が男性を選ぶ権利がありますが、それとは反対に、相手から選ばれる立場でもあります。また、この婚活パーティーは、いいなと思った相手から選ばれないことには意味がないのです。できるだけたくさんの参加者からパートナーとして支持されるようにするためには、コツがあったりします。婚活でするパーティーの場では、ほとんどの場合一人ずつ、別々に全員とわずかな時間ですが、会話するチャンスがあります。その時に、一番最初と一番最後に、爽やかな笑顔を与えると、相手からの心象はかなり良くなります。たったこれだけですが、結果がかなり変わるので面白いですよ。あとは会話の間は短いものなので、ニコニコ楽しそうにしているだけでいいです。でも、結果に差が出る始めと最後の2回の笑顔だけは、渾身の演技力で、あなたの事が好き!と伝わるように、そしてそのうえで、確実にあなたのことを素敵な女性だな、と思ってもらえるように素敵な笑顔を忘れないようにしましょう。笑顔が無い場合とのかなり結果が違ってくるため、良い婚活となるように、必ずやっておきましょう。
  • 40歳以上の男女が、結婚相手が見つからない、それが理由で結婚できないという・・

  • 40歳以上の人が、結婚する相手に巡り合うことができない、そのせいで婚できないというのは間違いです。40歳以上などの年齢に限らず、真面目に結婚相手を探し、相手に断られてもめげない人であればいつかは結婚の可能性はあると思います。その年齢まで独りでいる人たちは、いろんな経験をしてきた結果、相手に望む性格は、こうでなければ、さらに、年収はこれくらいないと困る、ルックスは、、、と条件を設定しすぎてしまうことが結婚を妨げる原因になっている場合が少なくありません。要は、自分の価値観によって、結婚のチャンスを逃しているわけです。また、40歳を過ぎた人たちは、一人で過ごす期間が長かったこともあり自分ではそう感じていなくても楽をしたいという想いもあって、どうも結婚相手に対して求めることが高くなってしまうのです。自分ではわかっていないかもしれませんが、客観視してみると、単に「高望み」しているだけかもしれません。
  • 婚活でどのような女性を選ぶかの基準は、性格の良さだと・・

  • 結婚活動(婚活)をしていくとき、女性を選ぶ判断基準ですが、性格が良くて優しい、とか率先して家族サービスをやってくれる人とか、結婚しても仕事をしてくれるとか、健康な人、などがありますが、その中で、何を一番重視しているかはもちろん人によりけりです。私はというと、結婚というのは夜の生活もとても大切であると考えているため、さすがに初対面では聞きませんが、具体的にいうと、それまでの経験値や、性欲の強さ、といった点も何気に確認してしています。共に生活していくワケですから、身体の相性や、それぞれの好みをお互いが理解しあうのは大切なことだと思っています。エッチの相性を軽視していると、結婚生活に亀裂が生じてくるでしょう。セックスの問題は、最悪、離婚に至るおそれもある肝心な部分でもあるので恥ずかしく感じるかもしれませんが、結婚前に確かめる必要のあることだと思います。
  • 婚活をする上で、自身の内面を表すために、「やさしい」という・・

  • 婚活、という場面で自身の内面について言い表す際、「やさしい」という言葉は無難かもしれません。けれども、それだけだとあまりにも自己主張になっておらず、婚活の場では、周りに埋もれてしまうケースもあるため、印象に残るようなベストな答えとは思えません。婚活の場では、相手に少しでも自分を知ってもらうことが大切です。では、どのような言葉を選ぶのが正解なのでしょう?この場合、「包容力がある」ではなく「違う意見にも耳を傾けられる」みたいな感じで、漠然とした表現を減らし具体的な言い回しに変えてみましょう。こうしていくと、同じ性格を伝えるにしても「誠実さを感じられて、好印象だ」と判断されるので、結果としてライバルよりも印象に残るはずです。