結婚活動を始めたころ、私の友人が異性を紹介してくれたりする…

結婚活動を始めたときは、仲の良い友達が紹介やお見合いをセッティングしてもらったり…

  • 結婚活動をし始めたときは、仲の良い友人が率先して良さそうな相手を紹介してもらったりすることがたくさんあり、色々と世話をしてもらっていました。紹介してくれる男性については、前もって、どういった感じの人が教えてもらえるので不安に思うこともなく二人きりで会うことが多かったわけですが、そういった場合、お酒がある場でもあるし、お互いに充分大人ですから、それなりに話を合わせたりするのがまともな人だと思うんですよ。なのにです!紹介してもらった男性が常識ある大人とはいえない態度だったんです。帰るまで深めにかぶっていた帽子は脱がない、目も合わせようともしないで、驚くほど無愛想な態度だったのです。二人きりなのに余りにもひどいと思います。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられると、私のことが気に入らなかったんだと普通はそう思います。なのに、帰ろうと一言も言ってこないんです。私の方でも、その人の態度に訳が分からなくなってしまって理由をきくと、「俺、人見知りだから」とのこと。それを知って本当に呆れ果てました。せっかく、いろんなことを手配して席を設けてくれた友人に申し訳なくて彼と別れた直後事情を話し、謝ることにしました。私に非があるとは思えないけど。

  • 仮に、お見合いイベントのフリータイムで、誰一人から・・

  • 仮に、お見合いパーティーでのフリータイムの際に、誰一人からも話しかけられなかった場合、地獄です。すぐさまその場から消え去りたくなるほど悲惨でものすごく悲しい気分になるでしょう。そのような、二度と経験したくない不幸な出来事を完全に起きないようにするために、お見合いパーティーを含む婚活イベントに赴く前に意識しておいた方が良いとても重大なポイントがあります。男の人が女の人を選ぶ際、一番に重視するのは、はっきり言って歳と見た感じです。また、歳においては、とても残酷ではありますがどうしても若ければ若い方が好都合です。あなたの年齢が参加するパーティーにおける設定された年齢の下限ギリギリであれば、苦労することなく人気を勝ち取れます。ですが、反対の場合で設定年齢の上限ギリギリだった場合、容姿が美しくてもかなり厳しい戦いになるでしょう。なので、男性の条件につられて自分にとって不都合の歳が定められているイベントに参加するよりも、あなたの歳より年上の同性が多く出席しているパーティーに赴くのが良い方法です。

  • 「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と古くから言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思います。そして、…

  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と昔から言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思います。そして、それは決して間違いではありません。どうしてかというと、結婚したなら、普通で考えれば、一緒に暮らすことになります。そうなると、もちろん、ともに食事をしていくので、やはり料理するのが大好きで家事が嫌いでない女性が望まれるからです。ただし、「あなたの得意料理は何ですか?」と尋ねられた際、パスタやカレーライスと返すのはタブーと心得ておきましょう。男性の多くは、パスタを軽い食事程度と捉えています。それに、カレーは市販のルウさえあればいいので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意ですと答えられても男性はガッカリするでしょう。「どのような料理が得意ですか?」と質問された場合、おすすめする答えは親子丼。気取った印象もありませんし、非常に家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、きれいに仕上げるのが意外に難しい料理でもあります。そのため、日頃から料理をしているんだな、と思ってもらうことができますし男性からの印象も評価も良くなるので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。

  • 長い間、婚活(結婚活動)を繰り返していると、興味深いと感じる相手との出会・・

  • 結婚活動(婚活)をしていたら、実に面白いと感じる男性との出会いがあります。なかでも、特に印象に残っているのは婚活イベントの最中に、家族とかなりの頻度で連絡している相手がいたことで、本当にビックリしました。家族仲が良いのは、すごくいいことだと思いますが、婚活イベントの真っ最中に連絡を取り合う必要がありますか?その男性の初めの印象は悪くなかっただけにそのような一面を見ることがなければ、その人にアプローチしていたと思います。けれども、常に家族に連絡をしている姿を見て、婚活にまったく集中できなかったし、見ているうちに気持ちが冷めていきました。もし、この人と一緒になったとしたら、結婚生活よりも自分の家族を優先しそうだったので、脈はないな、と切るという決断に至りました。今振り返っても、この判断は間違っていないと思います。

  • もし本気で婚活をしている最中で、出来るだけ早く結婚相手を見つけて結婚してしまいたい・・

  • もし真剣に結婚活動をしていて、できるだけ早く結婚相手を見つけ結婚してしまいたい、と強く思っているのなら、相手もあなたと同様に本気で結婚したい相手を探しておかないと夢のまま終わってしまいます。なぜならば婚活でやっているパーティーの参加者は、真剣な人以外にも、気軽に恋愛からはじめたいと思っている人・とりあえず婚活を始めてみた、という人など、いろんな人が、それぞれの思いを抱えて参加しています。その中から真剣に婚活している人と知り合いたいなら、一人で参加している人を探して積極的に話しをしてみてください。どういうことかというと、基本的に、婚活パーティーに単独で参加している人というのは、友人・知人と一緒に参加している人たちと比べると、かなり結婚に対する本気度が強い人が多いから、です。