結婚活動をしていて結婚に対しての理想や想いなどを再認識する人も多いとおもいます。

婚活(結婚活動)を通じて結婚というものに対しての理想や想いなどを再認識する人も多いのではないでしょうか。

  • 婚活(結婚活動)を通じて結婚について理想や想いなどを再認識する人も多いのではないでしょうか。また、めでたく結婚できるかどうかのカギとして情熱がどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当アドバイザーなどに質問されることがあると思います。そういった場合、男女どちらも、その時点での自分の想いとして、「幸せな家庭を持ちたい」とか、「死ぬまで大事に思ってくれる相手と人生を歩いていきたい」などのように、返答するかもしれません。結婚、というものを長い目で見たとき、一生、共に暮らしていくのにどれぐらい適しているか、「空気のような存在になれること」とも言います。ですが、現実は甘くないようです。それは無事に結婚したのに結婚生活に大きな不満を感じている、その理由を尋ねてみると、「パートナーに対して興味が失せてしまったから」といったような旨の回答がもっとも多いのです。

    婚活パーティーは、自分が男性を選ぶこともできます…

  • 婚活でするパーティーの場では、選ぶ権利がありますが、男性から選ばれる立場でもあります。また、この婚活イベントとして行われるパーティーでは、いいなと思った相手から選んでもらえなければ進展とはなりません。少しでも多くの参加者にパートナーとして選ばれるようにするためには、コツを知っておくべきです。婚活でやっているパーティーの内容としては、大体の場合一人ずつ、別々に全員とわずかな時間ですが、会話する時間があります。会話がはじまる前、会話後の2回に、爽やかな笑顔を与えると、相手の男性はとても良い反応をしてくれます。たったこれだけのことですが、結果がかなり変わるので驚きです。あと、会話に関しては、短い時間なので、ニコニコ楽しい雰囲気を出しているだけで充分です。ただ、結果に差が出る最初と最後の笑顔に関しては、渾身の演技力で、あなたの事が好き!と伝わるように、確実にあなたに良い印象を持ってもらうように笑顔を忘れないように心がけてください。笑顔の手間を掛けることで、結果は相当に違ってくるので、良い婚活となるように、必ずやっておきましょう。

    40歳を超えて、結婚する相手がなかなか見つからな…

  • 40歳を過ぎた人たちが、結婚する相手を見つけられない、そのせいで結婚できない、はいいわけではないでしょうか。40を超えていようが、本当に結婚する気持ちがある、婚活で少々の挫折を経験してもめげない人なら結婚の可能性はあるはずです。その年齢まで独身でいる人たちは、それぞれがいろんな経験をしていることもあって、結婚相手の性格は、こうあるべき、さらに、年収はいくら必要だし、ルックスは、、みたいに希望条件を色々と決めつけてしまうことが原因になっている場合が多々あります。つまり、自分自身で婚期を遅らせてしまっているのです。さらには、40歳以上の人は、一人で過ごす期間が長かった分自分ではそう感じていなくても楽をしたいと思う気持ちがあって、どうしても、相手に対して求めることも高くなってしまうようです。自分では気づきにくい部分ですが、周りから見たら、単に「高望み」しているのかもしれません。

    結婚活動を進める際、相手を選ぶ基準ですが、性格の良さだとか…

  • 婚活(結婚活動)をしていくとき、どんな相手を選ぶのかの基準は、性格が良く優しい、とか率先して家族サービスをやってくれ人とか、責任感に定評がある人とか、健康な人、といったものがありますが、そのような判断基準の中で、何に重きを置くかは当然その人によって異なります。私の場合は、結婚というのは夫婦生活も大事であると考えているため、さすがに初対面では聞きませんが、例としては、これまでにどのくらい異性との経験があるのかや、性欲の強さも何気に確認してしています。一緒に生活していくワケですから、身体の相性や、それぞれの好みをお互いが知っておくべきで、こういった点を無視して、漠然と愛情を優先させても、遅かれ早かれ結婚生活に亀裂が生じてくるでしょう。この手の問題については、最悪、離婚になるおそれもあるとても肝心な部分でもあるので恥ずかしいかもしれませんが、結婚前に確かめる必要のあることだと思います。

    婚活をする上で、自分の内面について言い表す際、「やさしい」という言葉で表現するの・・

  • 婚活で自身の内面を表すのに、「やさしい」という言葉で伝えるのは無難ではあります。が、言葉一つだけではありきたりすぎて、婚活の場面では、周りに埋もれてしまうおそれもあるため、印象に残るもっとも良い回答とは言い難いです。婚活の場では、相手に少しでも自分を知ってもらうことが大切です。婚活に活かすためには、どういった言葉で伝えるのがいいのでしょうか。例としては、「やさしい」ではなく「異なる意見を否定しない」など、あいまいな表現を減らし具体的な言い回しに変えてみましょう。そうすることで、同じ性格をアピールするのでも「誠実さを感じられて、好印象だ」と判断されるので、ライバルよりも一歩差をつけることができますよ。