今後着々と短絡的な作業は機械に変更されていき当然の結果と…

将来的に、私たちの社会的環境においてぐんぐんと思考を必要としない仕事・・

  • この先、私たちの社会的環境において段々と考えなくてもできる作業は機械化が進歩していき明らかに必要なマンパワーはどう考えてもカットされていきます。その理由は、短絡的な労働は人が作業するよりも機械で作業するほうが比べられないほど分があるからです。数量を計測したり、同じ手順をずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って不満を言わないし、疲れもしない、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。付け加えて、給与も発生しないのです。なので、労働力として人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

  • 求人関連の情報では、大部分の場合は普通の職場では月の収入の記載に目が行きますよね。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、まともな職場では月の収入が記載されているはずです。だけれどもこの月収の項目を見る時には、注意して確認する事が欠かせないです。その値だけでわかってしまわないようにしましょう。何故かというと企業によっては、月収の内訳に「毎月10時間分の残業」が条件になっているかもしれません。残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあります。だから、そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 詐欺|これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在は資格取得の勉強をしながら・・

  • 20代前半までに転職2回で、現在、資格を取る目的で「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務でないため、どうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生の頃に資格を取り、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、資格を活かして働いている方に会うと羨ましいと思ってしまいます。以前までは自分よりも上手くいっている人と比べ、何度か劣等感を感じることもありました。しかし今は、結婚し、随分と生活環境もかなり変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので充実した日々を過ごせています。

  • 今までは求人情報に雇用主が必要とする「性別」について、…

  • 何年か前までは求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。でも、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用において、男女差別がないようにしないといけないという決まりになり、応募条件内に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、求人する側には男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。ですから、実際は男手を必要な会社に女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、でも不採用となる可能性が高くなります。例として、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、雇用主が働き手は女性を必要としている、と考えると良いです。