転職時の面接の際に面接官から「転職理由をお聞かせくださ…

転職時の面接の際に担当者から「転職理由をお聞かせくださ…

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接官から「転職理由は?」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。このとき、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」に関しての愚痴ともとれる返事などは、なるべく口にするのは避けましょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを逃してしまうことになります。面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」のような未来に目を向ける形が理想です。

詐欺|就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接では、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。このとき本当の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。今の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなるかもしれません。

詐欺|今の職場・仕事内容について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今の自身の職場や業務について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身の持っている能力(スキル)を正しく評価してもらえない」よって、「月給はアップしないし、将来的な出世も期待できない」と言う不満を漏らす人もいます。とはいえ、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの能力を過大評価しているケースが多いものです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職の空白期間が長くなると言う事に陥りがちです。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから再就職を効率的にしていくためにも、実際の自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

転職の決断したなら、徹底して社内の人間にはこっそり・・

万が一あなたが、転業の決意したなら、あくまで社内の人にはこっそりとその意思を悟られないように、活動していき、現職期間中は、できれば周りの人に気づかれないようにいつもと同じように振舞うのがもっとも賢明です。現職中、その状態をキープしていれば、もし仮に転職先探しに簡単に見付けることができなくても、転職時期を遅らせながら、現職にそのままし続けてもできます。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周りの人は、その言葉を受けた対応をします。それに周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あの人は退職する人」と受け止められます。ですがもしも、転職したい思いがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りは「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中、身の置き所がない思いををするリスクがあります。