詐欺|転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面は強化できます。それは、海外に行くことです。海外に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、目につくすべてが刺激となります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。しかし、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、気力回復のために休業期間も必要です。

詐欺|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通・・

とある古物商にて、書類審査に合格しました。その後先方から、面接日時を教えてもらいました。ですが、当日、行ってみると、なぜか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待たされたのち、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終けだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接は終わりました。でも、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、気になったので、私の側から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。また問い合わせたところ、驚くことに、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ果てて何も言えませんでしたが、正直、不採用で良かったと痛感しています。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」は決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職するには時期を的確に捉える必要があります。最初に、現在の職場、仕事について全般的に、なにが嫌なのか、10個、少なくても最低5個は紙にリストアップしてみましょう。そうすることで、転職に役立ちます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、行動を早めに取り、よりキャリアアップできるように、トライしてみましょう。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていてよさそうな仕事を探して応募しようとしたところ「そのお仕事はもう他の方に決まりました」という答えられ一時的にサイトからもお仕事の情報がなくなるのですが、その翌日見ると情報が閲覧可能になっています。それって結局私ではよくないのって意味ですよね。それなら初めからカドが立たないくらいに正直に言ってくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはまた架空の仕事を載せているのでしょうか?