雇用中は状況が許す限り、周りの人間にバレないよう・・

在職中はなるべく周囲が気づかないように、(自身のときは…

  • 在職中はできるだけ周りの人間にバレないよう(ちなみに私のときは)前職中に転業の意思表示だけを早い時期に同僚に仄めかしてみました。でも、その後に求人サイトを必死に色々とみていったのですが、予想に反して転職先も時期などさえも無鉄砲に決まらずダラダラと時間がムダになるだけでした。そしてその一方で、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験し、次の就業先を再度探しました。
  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策が複数、展開されています。日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においても新時代となる社会的な変化が具現化されてきています。その変化の中で、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」がかなり深刻化しています。将来、外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくと現政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も大きく変わっていくはずです。
  • 詐欺|転職の面接で必要なスーツの色に関しては、新卒の就活・・

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付ける色味がベストとされています。つまり、紺色や黒色といったようなダークな色味、ということになります。それが、再就職であっても、ビジネススーツの色合いというのは黒系や紺系のダークカラーが圧倒的に多くて、そうでない色のスーツの人は圧倒的に少ないです。あえて言うならば、まれにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても紺や黒とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、人事の方から見ても黒や紺色であるほうが違和感なく感じるので、見た目の印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • 転職活動をする際の最後の難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う際の最後の難関として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在所属している企業があなたを放出したくないとして引き留めることもよくあります。そうなった場合、困難に負けずに退職する、という強固な意思を維持することが必要です。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動で大切な要素となります。