クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く際には…

クールビズの格好をして再就職の面接会場に行こうとする場合・・

  • クールビズの服装で再就職の面接を受けに行くときには、いくらなんでジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくても大丈夫だと認める会社も存在する可能性はありますが、ネクタイについてはクールビズであっても必ずつけなければならないとする会社がいくつかは存在します。そのため、クールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけは絶対に着用して面接した方が良いということを伝えておきます。
  • 新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職の予定があるのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。転職したはじめの年は、ほとんど「試用期間」が含まれていることも可能性は少なくありません。自身の新たな仕事に就いたときは、労力を費やして転職して予想とは裏腹に前職の年収とあんまり差がありませんでした。そればかりか、業務内容はきついうえに、とても責任のある立場で初年度をクリアするのにたいへん労力を伴いました。そうした体験から初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、極力転職以前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、思い切って転職しました。はじめは毎日悩み、辛い気持ちでした。しかし、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動を通して学び、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。また1度、転職をすると何か、前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を再確認できて前向きに過ごせるようになりました。なかには「続けてこそ意味がある」という転職に対してマイナスな意見もありますが、私自身、転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 転職活動を行うとき、はじめに、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したり・・

  • 転職をするにあたっては前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調査するでしょう。ですが、当該会社が情報を載せる際には、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、こんなはずではなかったとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、様々な難癖をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。