詐欺|自分が求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

自分が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々あってほとんどの場合、不満足を感じるアドバイザーばかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという想いが積もって、それがきっかけとなって自分自身がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのはコストもかかったし勉強面に関してもかなりハードなわけですが、仕事を探している人から信用される存在になるために努力しています。
  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、これを知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り焦りながら職探しをしたとしても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのな…

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は現在の会社側できちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を手にできます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。ちなみに、受け取れる失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の直近の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 転職エージェントに登録した場合、呆れるくらい電話やメールをしてきます。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、何度も電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用する人は大変驚くケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが目的だといえるので、大変積極的な姿勢でいます。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させることで企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。加えて、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。