時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら…

詐欺|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと…

派遣社員であっても、1年ごとに自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職活動によって思い知らされました。新婚した後、生活が落ちついたあと早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今までの継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方ないので時間的な融通が得られるのでガマンしました。が、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大多数のスタッフが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、…

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、社名の公表がなされるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全とはいえません。したがって、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目を順番に遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げ腰になることが多いです。「給与」「残業」「休日」においては、質問してみると、渋い顔をするケースが多いです。それでも食らいつくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

転職のための採用面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。

転職のための採用面接を受けに希望先の会社へ赴きました。会社で会議室が空いていないとのことで外のとある場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接を行い、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と同じだったのです。ですから電車の中においても面接官と一緒に話しながらいっしょに帰ることとなり、お互いリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが原因か何事もないまま採用を獲得することができました。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていてほしいことが数点あります。一般的に派遣というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような仕事内容をなんとなく連想する人が多いかと思います。私も今の会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、いざ働き始めると、なんと「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを要求されました。毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明とは全く違うので非常に参っています。今はとにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。