私たちの労働環境は、これからぐっと思考を必要としない作業…

将来、社会的には確実にシンプルな仕事は機械化によ…

  • これから、私たちの労働環境において段々と単純作業は機械によって明らかに稼働人口は少なからず減少させられてしまいます。というのも、思考を必要としない労働という観点では人が作業するよりも機械で進めたほうが数段に分があるからです。数をカウントするとか、同じ作業を延々とリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って不平不満を言わないし、ペースが変わることもなく不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。そして、人と違って報酬も発生しません。このように、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械に移行していくのも無理もありません。

  • 求人についての広告には、普通の会社では月の収入の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の広告には、たいていの株式会社では月の給料が記載されているはずです。しかしこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が大切です。その額の多い少ないだけを見て納得しないようにしましょう。実はもしかすると、月収のなかに月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。さらに基本給プラス歩合給で、歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあったります。そうやって「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 私は20代で転職を2回経験し、そして現在、資格を取得したいの・・

  • 私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在は複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務とは違うのでどうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。ですが、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、実際、そういった人をみると自分もああなりたかったと感じてしまいます。これまでは、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする日もありました。現在は結婚を経験し、私の生活そのものが大きく変化し前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

  • 詐欺|今までの求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」・・

  • 数年前の求人誌では、「性別」がしっかりと記載されていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用時、男女の差別をしてはならない事となり、求人情報内に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、求人する側には男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。なので、実は男手が必要なのに、女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。仮に、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、雇用側が「女性」を必要としている、と捉えておく確実です。