今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、再就職をするつもりな…

今ある自分のスキルや資格を武器に再就職をするつもりな・・

  • 今の自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動を考える際は、転職がしやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を前もって理解しておきましょう。転職がしやすい業界としては、たえず人手が足りない「医療・介護」が代表例といえます。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今現在、医療従事者として勤務している人が、諸事情によって、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

    求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合・・

  • 求人関連の情報では、大部分の場合は大部分の株式会社では月の収入がしっかりと記載されていますよね。この月収の欄を見る時には、注意深く確認する事が大切です。その額の多い少ないだけを見て納得してはいけません。そのわけは案件によっては、月収の額のなかに月10時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代の金額をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。そういうわけで、このような応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

    転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた場合、…

  • 再就職の面接などにおいてもし名刺を差し出された場合、あなたも相手の方に名刺を渡すべきかどうかと悩んだら、一般的には差し出す必要のないもの、と覚えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事内のことではなくて、就職活動の一部です。ですから普通一般的には名刺を交換する時間ではありません。加えて、会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。ですので、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関してはもらうだけでよくて、相手の方にあげる必要は少しもないと推測できるのです。

    女性が転職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前…

  • 女性が再就職する時、近年と一昔前では若干、変化が見受けられます。一昔前は面接の際に会社側から、結婚観や出産予定などのことに関して、普通に質問されることがほとんどでした。でも、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、セクハラに該当するかもしれないので質問を避ける会社が増えています。そしてまた、特に大企業の場合は、NG質問として神経質になっているといいます。ただ実際、面接する側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その人の生き方、結婚した後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいとは思っています。自分自身の考えを知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機とともに伝えることで、相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うのです。というワケで、たとえ、聞かれていない内容でも、あなたから会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いでしょう。