長い間接客関係で働いていたのですが、加齢のせいか立ったまま行う仕事…

長年にわたり接客関係で仕事を続けてきましたが、年をとったせい・・

長年にわたり接客関係で勤め続けてきたのですが、年をとったせいか立ったお仕事は体力的に耐えられず、事務の仕事への転職を視野に入れて行動にうつりました。事務の経験がない場合けっこう厳しく、接客の経験が役に立つ受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜の勤務ばかりさせられて、接客業をしていた時より帰宅も遅いのですが、とりあえずはキャリアを作る時期だと割り切って頑張ります。

楽しい気持ちを持ちながら転職をすることができたら、精神的な重荷が減るので・・

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合うことで、メンタル面への負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も回避できます。それに精神的な箇所が良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。理想とするのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい勤め先を見付けることが重要です。今の会社に勤務しながら、次を見付ける形が理想的です。隙間をつくらなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、今後に響きません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、円滑に転職活動を進めてみましょう。

転職詐欺|数年前の求人情報に雇用主の希望する「性別」が明確に記載されていました。

今までは求人情報では、雇用側の希望する「性別」が明確に書かれていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女差別が雇用の際にあってはいけない事が決まり、募集要項の概要に「性別」が無記載となりました。けれど、求人する会社側には性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。従って実際は男性欲しいジャンルに女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してくる、でも不採用となる可能性が高くなります。例として、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、女性を希望しているのだと考えたほうが確実です。

もしあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

もしあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考えている人が、近年増えています。近年は転職サイトを使用することで地方・郊外での求人情報にも閲覧できるようになっています。けれども、郊外や地方での求人情報は、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが難点でもあります。ですから、求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。その地方の自治体や商工会議所のサイトも定期的に確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの情報もチェックすると良いでしょう。