今の会社を辞めたいと転職を希望する場合には「ほんの少しでもはやく・・

新しい企業がいいと転職活動をしている人の大半は「1日もはやく、…

  • 今の会社を辞めたいと転職をする活動をしている中のときの場合は「早く、採用通知が手に入れたい」と考えるものです。が、そういう気持ちで内定が得たいあまり、自身の能力に関して嘘をついたり、その反対に過小評価につながる売り込みをするのはなるべくしないでください。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに専念しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く選択してみましょう。

  • 転職をするための活動を成功させるには、なにはとも…

  • 転職の活動を行う際は、なにはともあれとにかく自分の心が静かであることを重要視しましょう。在職中に転職活動をするのであれば、あんまりそうでもありませんが、退職の後に行うのであれば、気持ちが焦りがちになってしまいます。そのため、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。自身でやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気をハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場とのそれらが合致しているか、落ち着いてしっかりと確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

  • 転職候補となる面接では、やめておいたほうがよいのは露骨なまでの…

  • 転職のための面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが必要以上に猫をかぶることです。すると思いのほか不採用に直結してしまいます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「育休」といったような、通常はかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に質問しておくと、最終的に絶対に自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすると、面接で不採用になるのではないか」と不安が募るかもしれません。けれども、かえってプラスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。こういった労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。とはいえ、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。しかしながら、あなたが勇気を出して質問をすることで、「ほかの人とは違うな」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 求人に関する情報をチェックする折、例えば、事務系の仕事がしたいから・・

  • 求人に関係する情報を見る際、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そんな人は「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている場合もあります。事実、製造業の求人であったとしても、経理、総務といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」の仕事もとても多いです。製造業にはありがちですが、ビジネス街のような華やかな感じではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。けれど、自身のエゴをなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。