自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。

転職詐欺|自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意です。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが理由で、前に、レストランで働いていました。そのお店での業務は、そのお店で担当していた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係に疲れてしまったのです。そのことが引き金になって、職場を離れたのですが、同時に、好きだった食べること、そしてその店で扱っていた食べ物すら嫌になり、その系列の飲食店には現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願い、それを実現させることはステキだと思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、改めて自分自身と向き合ってから行動するべきです。

  • 転職する時に行われる面接のときにつける腕時計において…

  • 転職する時に行われる面接で着用する腕時計のことなのですが、明らかに目立つようなタイプの時計はつけないほうが安全といえます。目立つというのはブランドの腕時計とか、反対に、明らかに安い腕時計に見えるとか、そのような正反対の意味で目立つ、ということで覚えておきましょう。転職時の面接に着用していく腕時計においてもポジションとしてはネクタイやスーツと同じように、適切なものをするほうが確実です。ただし、自分の歳にあった腕時計であるということも必要な条件であり、新卒の頃にしていたものよりは多少なりとも値段が高い腕時計にした方が間違いないとはっきりと断言できます。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間においても新しい明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化が加わったせいか、民間企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。また最近では、外国人労働者を現状よりも増加させていく、つもりでいると現政権は語っています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職といった状況にも、大きく変わっていくのは確実といえます。

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業のあいだが給付の条件です・・

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。期間の制限ががないと思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急いで職探しを始めても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。転職先の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接担当者から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。