この話は知人の話です。在学中の就職活動で死んでも入りたかった…

こうした話は兄の友達の話です。

兄の友達の話です。始めに新卒採用でどうしても入社したかった目標であるA社の最終の面接で不採用になり、ですから泣く泣く別の会社に就業しました。その後2年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧していて偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、我慢できなくなって当時の会社をすぐさま辞めて、A社で派遣での就業を開始、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってその後計画通りにA社で正社員として採用されて、今はやりがいを持ちつついきいきと仕事しています。

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。

今日はネット上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。あなたに特許出願の経歴があるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を書いたことのある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの勧誘をされた場合は、そのような心当たりを考えましょう。たまに、ヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる業者もありますが、そのような会社は言うまでもなく詐欺なので、無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要などありません。

クールビズのスタイルで再就職の面接に行く際には、やっぱりジャケッ…

クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジする際には、やっぱりジャケットは着込まなくても安心であると言えます。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが無難です。ネクタイもしないで良いとしている企業も存在する可能性はあるにはありますが、ことネクタイについては例えクールビズであろうと必ず着用するべきだと考えているところがある程度存在するわけです。という訳で、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が印象が良いというのはわかっておいてください。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、数ヶ月しかたっていないの…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、少ししか仕事もしてないのに退職を決断する人が意外にも多いといいます。何故かと考えてみると私の考えをいうと気持ちも新たに、新たな職場に飛び込んだものの、「期待していたものとおかしいと思うほどかけ離れていた」「職場環境が受け入れられなかった」と考えて退職を決意することが多いといいます。できればこういった、転職先選びで避けるためには第一に、前もっての情報集めは欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、昇給システム、など多角的に事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。