失業保険の給付は、「就職活動」していることが条件になります。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることが条件になります。でも、現実的には「会社を辞めとりあえずはのんびりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。というワケで、しっかり次の仕事先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは言うまでもなく必要ですが、その場で「求人票」をチェックすることを最低限やっておきましょう。実際には探す気持ちがないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談で、「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して今回はありませんでした」と相手に伝え、次の機会を狙えば良いです。
  • 転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりもある意味、「担当面接官」と・・

  • 転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接係員とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、先ずは面接の時間になる前に焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。お見合いをする意識で望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接内では第一にあなた自身の人間性や人柄を判定してもらうのでマイナスな印象につながる言動は気をつけてぜったいに控えましょう。また良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 人生で初めて転職を行う際、重要なのはなぜ現職を辞める必要があるのかについ・・

  • 生まれてはじめて転職を行うのであれば、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについて頭の中で整理しておくことだといえます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題解消が見込める会社を決定するのです。既卒者の転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、今の仕事を続けながら就職活動を続けることから、時間と体力とが必要だと考えられます。それがために理由がはっきりしないまま転職を試みた場合、途中で挫折してしまうおそれがあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動を始めるのは、やめておきましょう。
  • 派遣で働く会社が決まりました。

  • 派遣のお仕事が決定しました。仕事の1日目に派遣会社の営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、約束をした店の前にいないから中にいるのかもしれないと考え店内に入っていったら、営業担当者は驚くことに雑誌コーナーのところで座りいやらしいグラビアページを開いて見ているところを発見!こんな担当の人のお仕事なんてやってられないだと感じ、その場で声をかけず気付かれないようにお店を出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡をしました。