日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、現在の社会で…

”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。とはいえ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職しようと考えるなら、時期を捉える必要があります。初歩として、今やっている職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを10個程度、箇条書きにしてみましょう。そうしておくと、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、素早く、よりキャリアアップできるように、トライしてみましょう。

    転職をするのに、とにかく会社を辞めた後で転職しようと考える方もいます…

  • 転職活動を行うのに、まずは勤務先の会社に退社の意向を伝えてからという方もいますが、そうならばボーナスが入る時期を考えておきましょう。ボーナスが支給される企業は山ほど存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる日までもう少し待てば来るのであれば、その日の後で辞職するというのも得をする方法です。ボーナスはってかなりたくさん入るので、もらわないと損ということも言えるでしょうから、退職をする際にはボーナスの時期を最初に調べておいた方が賢明な方法です。

    再就職することで職場を新しく換えるということは、自分に見合った…

  • 再就職で仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った理想に近い場所を見つけたいものです。仕事を変えれば、自分に適した仕事に出会うかもしれません。しかしながら、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。別の言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。最近では職業選択の自由が社会的に普通に認知されているので、転職を決断したとしても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、このチャンスを生かしていきましょう。

    転職ならば、むろん仕事のやりがいのアップと共に加・・

  • 転職先を決める際、むろんやりがいを考慮することも重要だけどそれにとどまらず給料が上がることも大事なことなので「年収サイト」というところに登録をしていろいろと研究をしています。全く一緒の会社で全く同一の職種、経歴であるのにすごく人によって幅がある場合も複数あり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた側も誰だかそこそこ察しがついてるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。