転職詐欺にご注意!

転職詐欺にご注意!

これまでの私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。

今までは、「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」を利用していました。というのは、大手「転職サイト」は、特性上、都心部での求人情報がメインになっているためです。であったので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。求人募集をしている多少企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域密着タイプなのでとても信頼性が高いです。
転職詐欺にご注意!

転職時に比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職をするときに比較的重要となるのがまぎれもなく「面接」である。大半、面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職をする理由など色々な質問が飛んできます。そして、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から、面接担当の人へ疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。
転職詐欺にご注意!

この前新しい仕事先を探すために人材バンクに登録に行きました。

一昨日転職のために人材バンクに登録に行きました。登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の方が見たところ入社間もない新入社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割ほどもその社員は理解ができていない様子です。それでいて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みについて考えることが大事です」等、わかったように横柄に言うので非常に嫌な気分になりました。
転職詐欺にご注意!

私たちの労働環境は、これからぐっと思考を必要としない作業…

近い将来、私たちの社会的環境においてぐんぐんとシンプルな作業は機械で対処されるようになり当然のことながら必要な人員は減少していきます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働という観点では人間よりも機械を稼働させたほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の作業を繰り返したりすることは機械には問題ありません。
転職詐欺にご注意!

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動を経験して気付かされました。結婚した後、生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の職場でそのまま仕事したかったので就職しました。
転職詐欺にご注意!

転職先での採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです・・

転職の際に外せない面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりすることは、残念ながら逆効果です。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「産休」などの、普通であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に訊いておくと、間違いなく自分のためになります。
転職詐欺にご注意!

友人・知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

友人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。…が、そこでの労働環境や、それから労働条件といったポイントを知っている人の口コミを鵜呑みに判断してしまうと問題になるおそれがあります。口コミである以上、そういう口コミというのは、主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。
転職詐欺にご注意!

詐欺|自分が求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

かつてはたいへん多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それはサポートしてくれる担当者の質が本当にまちまちでほとんどは物足りなく感じる方ばかり。私にとっては人生かかっているのにもっと真摯に臨んでほしいという考えが膨れ上がりました。その事がきっかけとなって自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。
転職詐欺にご注意!

転職候補先での見学に参加するとすごく勉強になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあれば、たいへん参考になります。とくに、職人さんのいる会社では腕を見るのが楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、普段の現場を見せることがまずありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの職種です。
転職詐欺にご注意!

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く際には…

クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでジャケットまでは着込んでいく必要はないとはっきりと断言できますが、ネクタイはして面接を受けた方が悪い印象を与えることがありません。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと思っている企業もある可能性はあるにはありますが、ネクタイに関してはクールビズであろうと必ず着用しければならないと考えている会社がいくつかあります。